Raspberry Pi のカーネルを64bit対応にする

Raspberry Pi

まだ正式なリリースではありませんが、Raspberry Pi のカーネルを64bit対応にすることができます。

64bit 対応可能な Raspberry Pi

  • Raspberry Pi4
  • Raspberry Pi3
  • Raspberry Pi2B rev1.2

が64bit対応可能な Raspberry Pi です。

ファームウェアのアップデート

事前にファームウェアを最新版にします。

$ sudo rpi-update

config.txt の修正

/boot/config.txtarm_64bit=1 を追加し、再起動します。

これだけで、64bit カーネルで動かすことができます。

$ uname -a
Linux lime 4.19.105-v8+ #1296 SMP PREEMPT Thu Feb 20 16:34:11 GMT 2020 aarch64 GNU/Linux

カーネルが、aarch64 となっているのが確認できます。

参考

Boot options in config.txt: https://www.raspberrypi.org/documentation/configuration/config-txt/boot.md

タイトルとURLをコピーしました