ビルケンシュトックが痛くて履けない場合の解決法

LIFE

靴屋でつい見つけたトング(鼻緒)タイプのビルケンシュトック「ラムゼス」を衝動買いで購入してしまいました。

ところが、履いてしばらく歩くと鼻緒のところが痛い。。。 

履き方があるのかと思い調べてみると、トングタイプの場合、鼻緒を足指でつまむようにして歩くのがいいそうです。

親指と人差し指の間は神経も多く、強い刺激を受けた場合痛むことがあるのが一般的のようです。

数日で慣れるというのですが、いまだに痛い。。。

また、もともと医療用の健康サンダルでもあったことから、歩き方もカカトから接地して親指で蹴り出すといった正しい(?)歩き方をしないとダメらしいです。

よくあるサンダルのようにカカトを引きずって歩いたりすると、かえって足が痛くなったり、くつの痛みが早くなってしまうようです。(ちなみに、ビルケンシュトックを履いて土踏まずが痛い人は偏平足なのだそうです。)

けど、ご安心ください。

その後、1週間程度で痛みも取れ、気持ちよく履けるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました